最新のお知らせ

  • 4月1日より一部一般開放を再開します 新型コロナウイルスの感染防止対策の一環として、 社会体育施設の一般開放を331日(火)まで休止しておりましたが、 4月1日(水)より感染拡大防止に必要な対策をしたうえ、一部一般開放を再開します。更衣室はご利用できませんので予めご了承ください。 なお、町内在住の小中高生については春休み期間が終了し入学式以降に各学校の方針が出るまでご利用はお断りいたします。予めご了承ください。 町外の学生についてはご利用をお控え願います。 専用利用につきましては、利用団体代表者様に感染拡大防止策を十分に講じることを条件とし、感染拡大防止策が実施できない場合は、延期や中止を要請致します。 (団体内での周知徹底をお願いします) また、専用利用について3月31日現在、屋内多目的グラウンドに関しては、申請済みの時間帯以外は団体利用の自粛(キャンセル)があった場合でも一般開放いたしませんので予めご了承下さい。 日々、状況が変化しておりますので対策等が変わる場合がありますので予めご了承ください ≪入館する際のご協力について≫ 新型コロナウイルス感染拡大防止策のため、以下の内容にご協力ください。 ①  入館の際に受付名簿にご記入いただき、検温をお願い致します。(ご自宅で検温を推奨) ②  入館の際は、必ず手指の消毒を行ってください。 ③  入館後は、人と人の間隔(1~2m)を確保する。 ④  ジェットタオルを使用禁止とさせていただいております。手洗い後はペーパータオルで水分を拭き取り、専用のごみ箱に捨ててください。 ⑤  トレーニング室、フィットネスルームのマシンの一部を使用禁止とさせていただいております。台数の少ないマシンは譲り合っての使用をお願いいたします。 ⑥  トレーニング室、フィットネスルームのマシン使用後は、施設内に設置しております除菌スプレーとペーパータオルで拭き取りをお願いいたします。使用後のペーパータオルは専用のごみ箱に捨ててください。 ⑦  定期的に職員が巡回して除菌作業を行います。作業終了までお待ちいただきますようお願いいたします。 ⑧  館内、ロビーでの食事は避けてください。 ⑨  施設ご利用に直接関係のない方の来館は出来るだけお控えください。 ※ 入館後館内の掲示物も合せてご確認をお願い致します。
    投稿: 2020/03/31 21:52、枝幸町総合体育館
  • 専用利用の自粛について(お願い) 新型コロナウイルスの感染拡大を防止する為、331日まで全ての社会体育施設を臨時休館としておりました。 一般開放に関しては、41日より開館を予定しておりますが、一部通常のご利用とは異なり、制限させて頂く場合がありますので予めお知らせ致します。 また、専用利用の活動は、可能な限り延期或いは中止するなどして、濃厚接触の機会を減らすよう自粛要請の依頼を受けております。 なお、実施が避けられない活動等、利用団体の判断として実施に至った場合には、下記のとおり衛生管理に十分に努め、感染防止に万全の対策を講じたうえで活動してくださるようお願いします。 また、施設側でもロビーのいすやテーブルを撤去する、ロビーでの長時間滞在や食事を禁止するなど、通常の利用を制限するほか、種目や外気温に関わらず、窓や非常口での換気を行う場合がありますので、各自防寒対策を講じていただきますよう、あらかじめご承知おきください。 〇感染防止対策 ・発熱等の風邪の症状がある人には参加をしないよう徹底すること ・参加者への手洗いや咳エチケットの推奨、可能な範囲でアルコール消毒薬を設置すること ・利用に直接関係ない方の来館はできるだけ控えてもらうこと ・こまめな換気を徹底すること ・休憩や会議室利用においては、人と人の間隔(1~2m)を確保すること ・近距離での会話は避けること ・ロビーや会議室での食事は避けること なお、上記対策を実施できない場合は利用をご遠慮して頂くことがありますので各団体内でご周知の徹底をお願い致します。 ※   日々、状況が変化しておりますので対策が変わる場合がありますので予めご了承下さい
    投稿: 2020/03/30 19:39、枝幸町総合体育館
1 - 2 / 126 件の投稿を表示中 もっと見る »

枝幸町社会体育施設

当スポーツ施設を通じて多くの町民の皆さまには心身ともに健康であり、豊かなスポーツライフを実現していただくために「元気発信基地」として、ミッション実現に向けて管理運営を行います。

私たちの理念は
「元気」「仲間」「感動」「成長」です。
  • スポーツを通じて、地域の住民の健康づくりを推進します。
  • 世代間交流を創出し、活発なコミュニティを創造します。
  • 新規雇用を創出し、地元への就業機会を拡大します。
  • 地域経済の活性化に対し積極的に貢献します。 
  • 医療費・介護費用などの社会的コストの縮減に寄与します。
  • 子どもたちの体力向上と学力向上を支援します。
  • 施設リノベーションなどで、環境負荷の低減に取り組みます。